So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

「仕事の大変さを分からせたい」HP改竄で元社員逮捕(産経新聞)

 以前勤めていた広告会社のホームページ(HP)を改竄(かいざん)するなどしたとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターと愛宕署は、不正アクセス禁止法違反などの疑いで東京都八王子市並木町の会社員、高橋徹容疑者(39)を逮捕した。同センターによると、高橋容疑者は広告会社の元社員でサーバの保守管理を担当していた。高橋容疑者は大筋で容疑を認め、「会社に全く評価されていなかったので、どんなに大変な仕事か分からせてやろうと思った」と話している。

 逮捕容疑は、昨年10月6〜21日に、自宅パソコンから広告会社のサーバに計29回にわたって不正アクセスし、HPの顧客用ログインパスワード設定を改竄したり、転送用サーバ内に保存されていたデザイン作品集などのファイル約2万件を削除するなどとしている。

 同センターによると、同社は大手旅行会社のウェブ広告制作などを行っている。高橋容疑者は同社に約5年間勤務していたが、昨年9月に退社。業務で使っていた管理者用IDとパスワードで不正アクセスを繰り返していた。

 同社が昨年10月、警視庁に被害を相談していた。

【関連記事】
高1少女らが不正アクセス サイト改ざんで書類送検
パワハラ認め和解成立 千葉・松戸市、元消防士と
パワハラ ストレス 粗暴性? 米女子院生殺害 見えぬ動機
勤務医ら対象に電話相談 残業代不払い、パワハラ…相談29件
支援者「信仰心につけこみセクハラ」 牧師が女性信者に乱暴

明石で民家火災、1人死亡(産経新聞)
清水女流名人、歩切れで粘れず…女流名人位戦第1局(スポーツ報知)
インプラント再使用問題、問い合わせ150件(読売新聞)
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…(産経新聞)
「政治とカネ」2月集中審議へ…与野党合意(読売新聞)



学習机は「可変型」が人気 組み合わせ自由、インテリア性も重視(産経新聞)

 学習机商戦が始まった。最近はキャラクターや付属品は鳴りを潜め、人気は机や書棚の組み合わせが自由な「可変デスク」。必ずしも入学式に合わせて購入するのではなく、まずはリビングで勉強し、時機を見て購入する家庭も増えているという。(岸本佳子)

 ◆シンプルが主流

 学習家具を展開するコイズミファニテックのショールーム(大阪府箕面市)には学習机やイス、ベッドなどがずらりと並ぶ。一番人気は、机本体と書棚を自由に組み合わせられるタイプの「ステップアップデスク」だ。

 机と書棚を一体化してコンパクトにしたり、書棚を独立させて机の隣に並べて広々と使うこともできる。書棚と机をL字に配置することも可能だ。「机を購入したものの本の収納に困り、本棚を買い足すご家庭も多かった。それなら最初から本棚と机をセットにすればよいのでは、という発想でした」と同社商品部マーケティング課販促企画室長の中西聡さん。平成17年秋に発売し、翌年1月末には売り切れるほどの爆発的な人気となった。

 かつて学習机には鉛筆削りや時計などの付属品がついていた。最近ではインテリア性が重視され、シンプルなデザインに。一方で色使いは豊富になり、引き出し部分やワゴンの前面などにはピンク、パープル、ブルーなどの色がアクセントとして使われている。子供たちがランドセルの色に合わせて机を選ぶ姿もよく見られるという。

 ◆入学式にこだわらず

 従来、学習机商戦は1月中旬ごろにピークを迎え、3月末まで続いていた。ところが「昨年は4月に入ってからも売れていました。今年もピークのないまま来ている感じ」(中西さん)。入学式にこだわりのない家庭も増えたのではないかと推測する。

 こんな見方もある。イトーキ(本社・大阪市)の調査では、新入学児童の学習机の購入率はここ数年、減少傾向。ところが、実際に学習机を購入した人を調べてみると、1年生が占める割合は減っているが、2年生から6年生が増加していた。同社ホーム家具統括部開発課長の新田見篤さんは「低学年の間はリビングで勉強する。高学年で記憶が必要な学習が増えると学習机を購入し、子供部屋で勉強するのではないか」と分析する。

 リビングで学習する家庭が増えたことで、リビングでも違和感のないコンパクトで機能的な学習机も登場。コイズミファニテックの「リデア」シリーズは初登場の昨シーズン、好調な売れ行きを見せたという。

 新田見さんは「学習机は子供にとって、初めて自分で管理する場所」と位置づける。それだけに「子供が前向きに、机に向かいたいと思うものを選んでほしい」。中西さんも「学習机は大人になっても十分使える。長く使っていただきたい」と話している。

                   ◇

 ■シーズンオフ需要も約1割

 日本オフィス家具協会学習用家具部会によると、平成21年春の入学児童約114万5千人のうち、前年9月から4月までの間に学習机を購入したのは56・8%だった。22年は111万7千人のうち、57・7%が購入すると予測。一方、5月から8月の「シーズンオフ需要」については、昨年は9・6%で今年は9・8%と微増すると予測している。

【関連記事】
内定学生のアイデア反映、コクヨが勝てる“就活”文具
国語辞書が小学生に大ブーム ユニーク学習法がきっかけ
アイデア文具、続々 布描きペン、お掃除カーも
あなたはどっち?コクヨが書き心地の違う2種類のルーズリーフを発売
おしゃれ文具店、個人客つかむ 高いデザイン性

占い、マッサージ…献血PRへ多彩なサービス (産経新聞)
泣きながら「すみません」=再び「自白」のテープ再生−足利再審公判(時事通信)
<補助金不正流用>全精社協会長ら起訴内容認める 大阪地裁(毎日新聞)
<粘菌>ネットワーク構築の性質、物流経路の設計に応用可能(毎日新聞)
<陸山会土地購入>石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)




千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)

 千葉県南房総市で病院や老人保健施設などを経営する医療法人光洋会(宗像克治理事長)が1月15日に千葉地裁に民事再生法の適用を申請し、同日に保全命令を受けていたことが分かった。光洋会は2005年4月、さいたま市の医療法人社団双樹会(同)の宗像理事長に買収され、同法人の傘下に入っていたが、双樹会が8日付で自己破産申請を視野に債務整理に着手したため、これに連鎖する形となった。帝国データバンクによると、負債額は約21億2000万円。なお、すべての施設は今後も診療・営業を継続する。

 帝国データによると、光洋会は1964年2月に個人創業した診療所が、66年9月に法人改組した。精神・内科病院の「三芳病院」(精神科271床、内科25床)、一般内科や整形外科、リハビリテーション科などを持つ「みよしクリニック」を経営しているほか、介護老人保健施設「光栄館」や「まごころ訪問介護ステーション」なども展開している。
 2006年3月期は訪問介護関連や来院患者数の増加で、約21億900万円の年収入高を上げたが、薬価改定の影響などで09年3月期の年収入高は約19億6400万円にとどまり、人員削減に伴う退職金支出などで収益面は大幅な欠損計上となった。

 病院の担当者はキャリアブレインの取材に対し、「双樹会の影響の一言に尽きる。地域医療を守る観点から、民事再生法の適用を申請した。資金繰りが悪化しているわけではないので、施設は今後も続けていく」としている。


【関連記事】
さいたまの双樹会が一時休診へ、入院患者は16日めどに転院
老人福祉事業の倒産件数、3年で4.6倍
医療機関の倒産が過去最高を記録
有床診療所経営の茨城の法人に破産手続き開始決定
山本病院経営の雄山会に破産手続き開始決定

レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)
4億円不記載 「大久保容疑者が了承」 石川容疑者ら供述 寄付偽装も報告(産経新聞)
4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも−民主(時事通信)
阪神大震災 神戸で追悼式典 皇太子ご夫妻、首相も出席(毎日新聞)



橋下知事「大阪市長とはかみ合わない」(産経新聞)

 午前9時 登庁し報道陣の取材に応じる。府と大阪市の再編について平松邦夫市長と長時間話し合ったことを明らかにし、「平松市長とは前提が違うのでかみ合うわけがない」。

 9時半 自民党府議団と平成22年度の予算編成で意見交換。

 午後1時 民主党・無所属ネットと予算編成で意見を交換する。

 3時半 公明党府議団との予算編成の意見交換会に臨む。

 6時半 在大阪ベトナム総領事館(堺市堺区)で、ファム・ザー・キエム副首相兼外相の歓迎会に出席。

 7時10分 大阪市内のホテルで開かれた公明党東大阪新春年賀会に参加する。

【関連記事】
府税収入1兆円割れ…橋下知事、予算で議会と初の意見交換
橋下知事「統一地方選が一世一代の大勝負に」
首都圏に勝てる「大関西圏構想」を 目指せ「坂の上の雲」
橋下知事、「民主党の地方分権発想、僕の考えとは違う」
地方に課税・立法権 橋下知事、地方政府法私案を提示

小沢氏の聴取応諾「連絡ない」 首相(産経新聞)
空売り規制、4月末まで延長=金融庁(時事通信)
鳩山首相 「潔白信じる」小沢氏の続投了承(毎日新聞)
岩手県知事が東京地検批判(産経新聞)
<センター試験>得点調整は実施せず(毎日新聞)



山口組淡海一家の幹部ら8人逮捕 滋賀県警(産経新聞)

 知人らを脅して車などを奪ったとして、滋賀県警は21日、強盗致傷や組織犯罪処罰法違反などの疑いで、大津市に本拠を置く指定暴力団山口組淡海(おうみ)一家の若頭補佐、山田浩二容疑者(42)ら幹部組員ら8人を逮捕した。県警は、他の組員3人の取り調べも始めており、容疑が固まり次第、逮捕する。

 捜査関係者によると、淡海一家は山口組組長の出身団体、弘道会(名古屋市)と結びつきが強く、取り締まりを強化していた。

 逮捕容疑は、昨年9月、大津市内で組織的に被害者の知人の男女計4人を脅して携帯電話や車を奪い、車内などに監禁して暴行を加え、けがを負わせたとしている。

 県警などによると、淡海一家は構成員、準構成員合わせて約50人。京都府警が昨年12月、みかじめ料名目の別の恐喝容疑で総長の高山義友希容疑者(52)を指名手配し、関連先として山口組総本部(神戸市)や弘道会を家宅捜索している。

【関連記事】
山口組淡海一家総長を指名手配 京都府警
山口組、年賀状に「謹賀新年」ダメ…組長服役中で自粛か
山口組、一般の親子にお年玉配る…最高3万円の現金も
組幹部、偽バイアグラを販売容疑で逮捕
山口組総本部を家宅捜索 恐喝事件で京都府警

<踏切>遮断棒上がったまま列車通過けが人なし JR阪和線(毎日新聞)
ワクチンの勧奨復活で合意=日本脳炎めぐり−厚労省(時事通信)
恐喝容疑 出版社社員ら8人逮捕、高額本売りつける 岡山(毎日新聞)
震災から15年 中3アンケート ほんの少しの偶然で、私は今、生きている(産経新聞)
「助かってほしい」=発生から5日、家族ら会見−10人乗り漁船遭難事故・長崎(時事通信)



日米同盟深化、年内に成果…安保50年で首相談話(読売新聞)

 鳩山首相は、日米安全保障条約の改定署名から50年を迎えた19日午前、「日米安保体制を中核とする日米同盟を深化させる」などとする談話を発表した。

 「安保体制は引き続き大きな役割を果たす」と強調したうえで、同盟深化について米政府と協議し、年内に成果を示すとしている。日米両政府は同日午後には、外務・防衛担当閣僚による共同声明を発表する予定だ。

 首相談話では、「我が国が戦後今日まで、自由と民主主義を尊重し、平和を維持し、経済発展を享受できたのは、日米安保体制があったからと言っても過言ではない」とこれまでの安保体制の貢献を高く評価した。

 一方、現在の日本の安全保障環境について、「北朝鮮の核・ミサイル実験に見られるように厳しいものがある」と指摘した。そのうえで、今後の安保体制の役割について、「米軍の抑止力は、核兵器を持たず軍事大国にならないとしている我が国が、平和と安全を確保していく上で、自らの防衛力と相まって、引き続き大きな役割を果たしていく」とし、日本にとっての必要性を強調した。

 さらに、「安保体制は我が国の防衛のみならず、アジア太平洋地域全体の平和と繁栄に引き続き不可欠だ。安保条約に基づく米軍のプレゼンスは、地域の諸国に大きな安心をもたらすことにより、いわば公共財としての役割を今後も果たしていく」とし、周辺諸国にとっても重要だと位置づけた。

 同盟深化の具体策について、日本側はオバマ米大統領がアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で来日する11月までに結論を出したい考えだ。ただ、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題を巡る調整が難航しており、協議が順調に進まない可能性もある。

首相、「起訴されないことを望む」発言撤回(読売新聞)
鳩山首相に「ドラ息子!」“子ども手当”でヤジまみれ(スポーツ報知)
過酸化水素水のポリ容器、ビルから落下(読売新聞)
<裁判員候補者>聴覚障害者に手話通訳者手配せず 高知地裁(毎日新聞)
<石川議員逮捕>「小沢体制で戦えるか」党大会で困惑の声(毎日新聞)



神社撤去…信教の自由脅かす 最高裁、バランス判断 差し戻しは“配慮”(産経新聞)

 重機が鳥居を押し倒し、祠(ほこら)を打ち壊すことは、逆に神道弾圧になりかねないのではないか−。違憲と判断しながらも、審理を差し戻した空知太神社をめぐる20日の最高裁大法廷判決は、政教分離というデリケートな問題について、一定の配慮を見せた判断だったともいえる。

 1審札幌地裁は、鳥居や祠を撤去すれば違憲状態が解消されるのに、これを北海道砂川市が神社を管理する空知太連合町内会に求めないことは違法とし、2審札幌高裁も支持した。最高裁は上告を棄却して、この判決を確定させるという道もあった。

 しかし、違憲状態の解消とはいえ、神社施設の撤去は、逆に神道信者らの信教の自由を脅かす。もっと穏当で現実的な手段を講じられないか。これが、差し戻した理由といえる。

 一方、今井功裁判官が違憲と判断したにもかかわらず、「違憲状態を解消する手段は市側が主張すべきことで、上告は棄却すべきだ」と反対意見を述べたように、裁判所が解決策を“助言”したともとれる今回の差し戻し判決に否定的な見方もある。

 ただ、同時に大法廷に回付されていた「富平神社」をめぐる訴訟で、1、2審は砂川市が神社敷地を地元町内会に無償譲与した行為を合憲とし、大法廷も支持して上告を棄却していた。

 こうした事情から、大法廷は「ほかの手段があることは当事者の主張の有無にかかわらず明らか」と結論づけた。その上で、富平神社訴訟で示された譲与という手段のほか、有償での譲渡や、適正な価格での貸し付けなどでも違憲状態を解消できると“提案”した。

 違憲状態を解消するはずの手段によって、神社の氏子らの信教の自由が不利益を被りかねないことから、大法廷はバランスを取ったともいえそうだ。

                   ◇

 ▼識者談話

 ■「歴史や実情無視」

 大原康男・国学院大教授の話 2つの判決のうち、神社が存在する土地が町内会に譲渡されたことを合憲とする判断は、その前提となる論理にやや問題は残るが、結論としては穏当だ。しかし、公有地上に神社が存在すること自体を直ちに違憲と判断したもう1つの判決は、歴史的沿革や国民生活の実情を無視するものである。この判断に従えば、各地の公有地に存在する類似の宗教施設も違憲であることになりかねない。そうなれば、国民生活に多大な混乱を巻き起こすことになり、懸念されるところだ。

 ■「形式的で無責任」

 百地章・日大教授の話 常識的に考えて、判決は遺憾なものである。公有地上に宗教施設があるというだけで違憲としており、あまりにも形式的で疑問の多いものといえる。最高裁は従来、政教分離を緩やかに判断してきたが、今回の判決は完全な政教分離に近く、これまでの判例との整合性が問われるのではないか。ただ、違憲とした基準はあいまいで、今後同様な場合で、裁判が続出する可能性もある。また、違憲状態を解消するための方法については、差し戻して高裁の判断に任せるというのも無責任な感じがする。

 ■「違憲明示、評価できる」

 熊本信夫・北海学園大名誉教授(行政法)の話 「本件は裁判官の意見が多様に割れたことから分かるように、判断の難しい事件だったが、公有地を神社施設に無償提供したことを違憲とはっきり示した点は評価できる。一方、過去に合憲とされた津地鎮祭訴訟の地鎮祭も、今回の提供により執行された神社行事も問題の根は同じだ。最高裁は地鎮祭を習俗的であり宗教的活動ではない、と判断していたが、今回の判決で両者の違いが十分に検討されなかったのは残念だ」

千葉法相、指揮権発動否定せず 小沢氏土地疑惑事件(産経新聞)
小沢氏続投「世論は持つのか」…民主執行部苦悩(読売新聞)
適正な塩分摂取量の認知度は約1割(医療介護CBニュース)
高橋洋一の民主党ウォッチ 民主「新成長戦略」のお粗末 産業政策なんかもうやめろ(J-CASTニュース)
<石川議員逮捕>任意聴取拒否 逮捕当日に一転(毎日新聞)



<痴漢>愛知県職員に無罪判決「故意とは認められぬ」(毎日新聞)

 電車内で痴漢をしたとして愛知県迷惑行為防止条例違反(痴漢行為)の罪に問われた同県労働福祉課主幹、岡野善紀被告(52)に対し、名古屋地裁の伊藤納裁判長は18日、「(起訴内容の行為を)被告が故意に行ったものとは認められない」として無罪(求刑・罰金50万円)を言い渡した。

 岡野主幹は08年12月8日朝、名鉄本線国府宮−名古屋駅間の特急列車内で、当時28歳の女性の足の間に右足を入れ、太ももの内側にすりつけるなどしたとして起訴された。

 今回の事件では、県警の鑑定の結果、女性の衣服から岡野主幹の衣服の繊維が検出されなかった。起訴内容を裏付ける証拠は、被害女性と痴漢行為を目撃したとされる交際男性の供述のみだった。

 判決はまず、2人の供述の信用性について検討。「2人が一面識もない被告に不利益な虚偽の供述をする動機や利益に乏しい」として、一応信用できると認定した一方、「揺れる列車内で被告の足が女性の両足ひざ辺りに接触することがあったにとどまると言わざる得ない」とした。

 その上で、足の接触について、岡野主幹の故意が存在するかどうかを検討。判決は「2人の供述から列車の揺れと被告の足の動きの関係について具体的な状況を認めることができない」と指摘。「故意に行ったものと推認するにはなお合理的疑いが残る」とした。

 岡野主幹は判決後「警察や検察には科学的かつ客観的な捜査と慎重な判断を求めます」などとコメント。玉岡尚志・名古屋地検次席検事は「上級庁とも協議のうえ適切に対応したい」とコメントした。

 愛知県警の衣服の鑑定では、女性のズボンから岡野主幹のコートなどの繊維は検出されなかったが、鑑定結果について検察側は証拠請求せず、公判中の期日間整理手続きで弁護側が開示請求して明らかになった。判決後、会見した弁護人は「検察は依然として不利な証拠は出さない」と批判した。【式守克史】

【関連ニュース】
千葉大生殺害:ATMの男を再逮捕へ 発見の包丁に血
催涙スプレー:大手前大学で30人症状 学生数人がまく
児童買春容疑:護衛艦乗組員の海曹長逮捕 神奈川県警
千葉大生殺害:別の強盗傷害容疑などで無職の男を再逮捕
買春容疑:高校生に現金渡す約束 早大4年を逮捕

ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
引火相次ぐ酸素濃縮装置、厚労省が注意喚起(読売新聞)
ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
「説明で納得」「何考えてる」=小沢氏対決姿勢に民主党員ら(時事通信)
北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)



帝京大ラグビー部が市長を表敬(産経新聞)

 第46回全国大学ラグビー選手権で初優勝を果たした帝京大ラグビー部が18日、地元・八王子市の黒須隆一市長を表敬訪問した。

 早大、明大といった強豪を破っての優勝に黒須市長は「今回の優勝は市民の誇りでもある」と述べ、記念ボールを野口真寛主将に送った。岩出雅之監督は「全試合厳しかったが、最後まで選手のプレーを信じ、力を出し切ることができた」と報告。黒須市長は「これからもチャレンジ精神を持って頑張ってほしい」とエールを送った。

兄を暴行、死なせる=自首の55歳逮捕−広島県警(時事通信)
タレントのミッキー安川さん死去(時事通信)
福島氏「これは政治資金規正法違反事件なのか、贈収賄事件までいくのか…」 小沢氏問題で(産経新聞)
大久保容疑者を逮捕 東京地検特捜部(産経新聞)
志望校を外さない! 余部鉄橋「合格ナット」発売 兵庫・香美(産経新聞)



前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。